林企画スタッフブログ

林企画スタッフブログ

グラフィック画像や動画チュートリアル、ぶらり散歩画像などを中心にアップいたします。


■一口メモ 9月分

■一口メモまとめ 9月分


 こちらにはブログで紹介している「一口メモ」のみをアップしています。
ちょっと役立つことや知っておいて損はない裏技テクニックを紹介しています。 ※本編カテゴリとは異なります。


●逆光を適正補正する

 今回は初心者向けに簡単に出来る補正方法です。
補正での注意点など沢山ありますが、そこはあまりこだわらないで進めます。

今回使用する画像はこちらです。
画像ソース:http://av.jpn.support.panasonic.com/support/faq2014/qa2015.php?model=dmcft20a&node=0&kid=3416
写す側(カメラ目線)からテクニックを紹介されています。

逆光で被写体がアンダーになっていますが、特に右半分が暗くなっています。
20160920オリジナル画像

○簡単に調整できるいくつかの方法

1.レイヤー描画モードで暗くなった被写体を明るくする。
2.シャドウ・ハイライトで調整
3.レベル補正で調整
4.トーンカーブで調整


○実践例 1 レイヤー描画モードで暗くなった被写体を明るくする。

背景レイヤーを変更したいので、内を左ダブルクリック。
20160920左ダブルクリックで別窓が開きます

この様に別窓が開きます。 を任意のレイヤー名に変更します。今回はそのままで進めています。
20160920任意のレイヤー名変更

マウス右クリック で↑同じように別窓が開きます。
20160920右クリック

OK をクリックするとレイヤー名 「背景」 から 「レイヤー0」 に変更されました。
20160920レイヤー名

レイヤー0を複製します。 下の新規レイヤー上20160920新規レイヤードラッグにドラック&ドロップすることで簡単に複製できます。
マウス右クリック レイヤーを複製をクリックしても同じ様にコピーできます。
レイヤー0コピーが作成されました。
レイヤー描画モードを[スクリーン」に変更して完成です。
もっと明るくしたい場合、同工程を繰り返します。 明るさの調整は右の 「不透明度」 を下げることで調整できます。
注:白飛びには注意してください。
20160920レイヤーの複製

完成画像です。 違和感の無い明るさに調整できました。
20160920描画モード設定スクリーン


○実践例 2 シャドウ・ハイライトで調整

イメージ>色調補正>シャドウ・ハイライトをクリックします。
20130920シャドウ・ハイライト調整

ショドウ・ハイライト調整画面で シャドウスライダーを右に動かすか、設定値を入力します。
今回は55%に設定しました。 ハイライト部分は暗くする必要がないので無視します。
20130920シャドウ・ハイライト

完成です。 背景の明るさと被写体の明るさに若干の違和感はありますが、問題のないレベルまで調整されました。
20160920シャドウ・ハイライトで調整


○実践例 3 レベル補正で調整

補正の2大ツールの一つが 「レベル補正」 です。 大関てとこでしょうか。
イメージ>色調補正>レベル補正 を選択します。
20160920レベル補正

レベル補正では調整方法は多様にありますが、今回はレベル入力のみを使用しました。
プリセット&チャンネルは今回ははぶきました。
レベル補正ではやっていけないことがあります。 こちらを参考にしてください。
20160621レベル補正値

完成です。 シャドウ・ハイライトとは違い 背景が明るくなりました。 違和感はありません。
20160920レベル補正値


○実践例 4 トーンカーブで調整

補正の横綱ツールがトーンカーブです。 設定領域が広くPhotoshopでは欠かせないツールです。
イメージ>色調補正>トーンカーブを選択
20160920トーンカーブ

内のトーンカーブ線を使い明るく設定します。
※今回は「グラフ軸の単位」 を 「色材量」 に設定しています。 通常は 「光量」 に設定してください。
指先で被写体の明るい部分と暗い部分の2点を選択して調整しました。←使わないで調整してもかまいません。
プリセット&チャンネルは今回ははぶきました。
20160920トーンカーブ調整値

完成です。 レベル補正と同じ様に仕上がりました。
20160920トーンカーブ完成


おまけ
ライティング画像 髪に光があたり、前方からはレフ板で補助 そんな感じに仕上げました。
赤ちゃん・子供・女性を補正する場合 ハイライトを強くします。
低解像度の画像を補正する場合質感が荒くなることもあります。
口元が志村けんさんの「アイ~~ン」に似てるので笑ってしまいました。
20160920おまけ

トーンカーブの細かな説明は後日アップします。
レベル補正とトーンカーブの違いこについても後日アップします。

他にも調整方法はありますが、1~4の設定方法を試してみるだけでも違いが分かると思います。


●本日使用ファイル説明( Sat 03 September 2016)


■ファイル形式「.epub」
EPUBファイルを開くには、専用のソフトウェアやブラウザの拡張機能が必要です。
以下に代表的なものを紹介いたします。

【Windows/Mac】
・Adobe Digital Editions
 http://www.adobe.com/jp/solutions/ebook/digital-editions.html
・Readium (Google Chromeの拡張機能)
 http://readium.org/

【iPhone/iPad/Mac】
・iBooks
https://itunes.apple.com/jp/app/ibooks/id364709193?mt=8
(Macの場合はOS10.9以降に対応)

【Android】
・Google Play Books
 https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.apps.books

【Windows/Mac/iPhone/iPad/Android】
・Ebook Reader
http://www.ebookjapan.jp/ebj/reader/index.asp

上記を利用いただきましても、正しく動作しない場合があります。
「.epub」ファイルと「.pdf」ファイルの内容は同じですので、PDFファイルをご利用ください。

■ファイル形式「.psd」

PSDファイルを開くには、専用ソフトウェアが必要です。
PSDファイルが利用できるソフトウェアは、下記のようなソフトウェアが知られています。
ただし、一部のソフトウェアでは、レイヤー構造が統合され、正しく開けない場合があります。

【推奨ソフトウェア】
・Adobe Photoshop各種

【その他利用が可能なソフトウェア】
・CLIP STUDIO PAINT PRO/EX
・SAI
・GIMP
 など。

●ファイル形式「.pdf」
PDFファイルを開くには専用ソフトウェアが必要です。
Adobe Acrobat Reader(無料)のダウンロードはこちらから。
https://get.adobe.com/jp/reader/

●ファイル形式「.abr」
ファイル形式「.abr」はAdobe Photoshop専用のファイルです。
その他のソフトウェアでは利用ができません。
なお、ブラシを使用するには、ブラシファイルをAdobe Photoshopに読み込ませる必要があります。
下記はAdobe Photoshop CS5での設定の方法になります。
※Adobe Photoshop CS5以降であれば、手順は同じです。

1. Adobe Photohsopを起動し、“ウィンドウ”メニュー→“ブラシプリセット”を選択して
 [ブラシプリセットパネル]を開きます。
2.[ブラシプリセットパネル]の右上にあるパネルメニューアイコンをクリックし
パネルメニューから“ブラシファイルの読み込み”を選択します。
3.ブラシファイル選択のダイアログが表示されたら、ダウンロードした
 「.abr」ファイルを選択して[ 開く]をクリックします。
4.[ブラシプリセットパネル]の最後にブラシが追加されます。
 [ブラシプリセットパネル]のパネルメニューから“リスト(大)”に変更すれば、ブラシの名称を確認できます。

●ファイル形式「.sut」
ファイル形式「.sut」はCLIP STUDIO PAINT専用のファイルです。 以上です。

Comments

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

おとめ座のおっさん&フルーツパスタ&パセリン

Author:おとめ座のおっさん&フルーツパスタ&パセリン
ブログ主の おとめ座のおっさん です。グラフィックデザイナーとして頑張っています。