林企画スタッフブログ

林企画スタッフブログ

グラフィック画像や動画チュートリアル、ぶらり散歩画像などを中心にアップいたします。


■色かぶりの補正


↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑
グラフィックデザイン人気ブログランキングに参加中です。


※一口メモ トーンカーブ&レベル補正

 トーンカーブ&レベル補正はPhotoshopツールの横綱&大関です。
使用頻度がめっちゃ高いのでいろいろ試してみるといいかもですよ^^

■色かぶりの補正
 
 色かぶりとは、写真全体の色調が特定の色に偏っていることを色かぶりと言います。

撮影時の光源色違いによって起こる現象です。光の三原色「RGB」バランスを調整すれば色かぶりは除去できます。

クライアント様から提供された写真などに色かぶりが含まれることもまれにあります。まずは色かぶりほ調整しなければ先へと進むことができません。

【補足】
・フイルムカメラの場合:シアン系(青)フィルムをレンズの前につければノーマルな色調になります。
・デジタルカメラの場合:ホワイトバランスの設定が必要です。R(赤)を下げ、G(緑)とB(青)を上げるとノーマルな色調になります。「オートホワイトバランス機能があります。カメラにあらかじめ設定されているバランス(自動で光源『太陽光、白熱灯、蛍光灯』)で認識しホワイトバランスを調整してくれますが、効果が見られない場合も多いようです」

※ホワイトバランスとは光源の色違いを調整することをいいます。

●色温度とは光の色を「K(ケビン)」と言う単位で表記されたも。がホワイトバランスにかかわってきます。
Kが小さいほど「赤」く 大きいほど「青」くなります。
・ロウソクの光は「赤」1000k
・野外でのストロボ撮影「赤み」1500k
・電球は「黄」3000k
・白熱灯「黄み」55000k
・曇り空「青み」7500k
・早朝や日陰など「青み」9000k
・太陽は「白」3000k
などがおおまかな目安となります。
太陽光の基準は「5500k~6500k」になります。
赤は波長が短く、青は長い←光の影や明るさを画像で表現するのに役立ちます。
色かぶり
■このブログでは、Photoshop&Illustratorでお悩みの方への相談窓口を設けました。 基本が分からない、背景処理がうまくいかない、どんな悩みでもけっこうです おとめ座のおっさん  までご連絡ください。一緒に考えましょう。励ましの言葉も大歓迎です■

« »

02 2016
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
プロフィール

おとめ座のおっさん&フルーツパスタ&パセリン

Author:おとめ座のおっさん&フルーツパスタ&パセリン
ブログ主の おとめ座のおっさん です。グラフィックデザイナーとして頑張っています。