TシャツブランドNa-Cha

TシャツブランドNa-Cha

おとめ座のおっちゃんが作成したTシャツデザインをアップしています。


■雨上がり(HDR風)



※こんにちは^^ 一睡も出来ずに仕事をしています はなおかじった です。

先のことを色々考えていると、外が明るくなってました

時計を見ると5時20分、今、寝ると爆睡9時間間違いなし、パソコンのスイッチON!

各種情報を入手しながら、時間をつぶしました。

■雨上がりにピッタリの画像

 オリジナル画像もとても素敵な写真なのですが、異なるの表現域を探してみました。

とりあえずは2パターンアップしてみます。

●USA Photoshop Tutorialサイトよりお借りしたオリジナル画像
雨上がりHDR元画像縮小
●キラキラノイズ画像
雨上がりノイズ700
●HDR風手作り画像「HDRレンジは使用していません。他の方法でHDRレンジ効果をだしています。」
雨上がりHDR700

【HDRレンジ合成】

ハイダイナミック合成とは 『ウィキペディアフリー百科事典を参照』

ハイダイナミックレンジ合成(ハイダイナミックレンジ合成、英語:high dynamic range imaging、略称:HDRI、HDR)、とは、

通常の写真技法に比べてより幅広いダイナミックレンジを表現するための写真技法の一種。

例えば風景のダイナミックレンジ(最も明るい部分と最も暗い部分の明暗の比)は広く、

しばしばコントラスト比100000:1を軽く超える。

フィルムやCMOSイメージセンサなどの一般的な記録手段のダイナミックレンジは狭く、

せいぜい11段、すなわちコントラスト比2000:1程度しかない。

[1]。 また、一般的なモニタのコントラスト比も1000:1程度である。

[2]そのため、現実の風景などの持つ広いダイナミックレンジをそのまま記録、表示することができない場合がある。

そこで、非常に大きなコントラストの元画像(現実)を、1000:1程度のコントラストになるように、

コントラストを落とした画像に変換するのが、ハイダイナミックレンジ合成である。

それは、新画像のコントラストを圧縮することで、元画像(現実)の広いコントラストを収納することを意味する。

それができない場合には、元画像(現実)における明暗の一部が収納されずに、つぶれてしまうことになる。

つまり、ハイダイナミックレンジ合成は、幅広いダイナミックレンジを記録、

表示するために開発された画像合成手法である。

« »

05 2015
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

おとめ座のおっさん&フルーツパスタ&パセリン

Author:おとめ座のおっさん&フルーツパスタ&パセリン
ブログ更新を約一年間おやすみしましたが、TシャツブランドNa-Chaとして復活することになりました。旧ブログ同様ご贔屓ください。

ご訪問ありがとうございます
 
QRコード
QR